スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の森

IMG_1396.png

連休真っ只中、北陸の谷にs君、k君の3人で入る事になった。
いつもなら前夜入りし近くのサウナで宴をして翌早朝から山に入るのが恒例なのだが
今回は仕事の都合もあって釣りのみ。楽しみにしていた〆のソースカツ丼は次回に持ち越しとなった。
Googlemapで何度も見て選定した谷に入る。
IMG_1389_20160508113055d26.jpg
約1カ月振りの渓。
入口すぐの堰堤、数投目で岩陰から岩魚が飛びついてきた。
IMG_1386.jpg

落込み毎とはいかないがそれなりに何らかの反応はあるが釣果には繋がらず遡上がいつもより早くなる。
IMG_1395.jpg

特大の堰堤も多く釣れないまま徐々に竿を持った山歩きになっていったので他の渓に移動。

次の谷では先行者がおられたが最初の渓より魚影が濃く反応もある。
IMG_1402.jpg

IMG_1439.jpg

見た目だけの落ち込みがあったり一ヶ所何匹も釣れる堰堤があったりと先が読めない渓である。
IMG_1427.jpg

IMG_1426_20160508113125aaa.jpg

暫く上ったところで下山する餌釣り師とすれ違い話を少し交す。
尺も上がっているようだが、その後を狙う私たちには期待は薄い。
せめてもの救いはルアーマンでなかった事。
IMG_1437.jpg

そんな中、大岩が沈む深みにs君がルアーを3回程通した時
真っ黒な影がそのルアー目がけて追尾してきた。
「今のデッカー!!」
その後そいつは姿を現すことはなかった。
久々魚を見て興奮した。警戒心の高い賢い個体。
アクションやルアーの種類、そして何らかのタイミングで条件が重なった時にスイッチが入る魚。
だからこそあそこまで成長できるのだろう。

その後、反応は次第になくなり私たちも下山した。
久々に長距離歩いて身体はフラフラになったけど美しい魚と新緑に心は十分に満たされる釣行となった。
IMG_1428_20160508113128e60.jpg


釣果:約10匹 18㎝~23㎝

2016.5.3

関連記事

迷走

IMG_1114.jpg

異常なほど雪が少ないシーズンなのに暫く山道を進むにつれ次第に根雪が道路まで覆うようになり、山奥だと実感が湧く。
まもなく雪に阻まれ仕方なくUターンして別の沢へと入る。入川したすぐ側のポイントで早速、元気な岩魚が興味深そうにルアーに着いてきた。
IMG_1141.jpg

一昨年のシーズンに注文してようやく届いた新しい竿握りしめて渓を上っていく。しかし生命反応は入川した場所だけでそれ以降ゼロ。ここ数日で抜かれていると感じ早々にこの渓に見切りをつけた。先程Uターンした場所に再度戻り四駆に切り換えて雪だまりを強行突破する。
目的の渓に入る事ができたが期待とは裏腹反応はまたしても皆無。
IMG_1116.jpg

IMG_1115.jpg

釣れないので車に戻る足もより重く感じる。
朝イチの渓に戻りあえて本流との出合いからすぐ上流に上がったところで竿をだし様子を伺った。最後の判断が良かったのか1投目から魚影を確認できた。

IMG_1161.jpg

IMG_1159.jpg

IMG_1160.jpg
昼前まで彷徨った時間をギュッと凝縮したかのようにチェイスとヒットを繰り返し誘発する事ができたのだ。
何はともあれ久々に眼が覚めるくらい鮮やかな岩魚の腹を見れてひと安心。
IMG_1166.jpg

雪が少ないシーズンとは言っても空と周りの景色はグレーだったので新緑の最高にに綺麗な景色は次の楽しみに取っておこう。
IMG_1164.jpg

2016.4.2
関連記事

手強い若狭

IMG_0494.jpg

久しぶりにk君、m君と釣りに行けた。
しかも3人では初めてのジギング。
IMG_0498.jpg

朝から、と言うより前日の夜からテンションが上がっている。

しかし翌日、自然はそう簡単でない事を再確認する。
一切反応がない。必死に群れを探す船長に気を使ってしまいそうになる程に。
IMG_0499.jpg

最後に向かったさごしのポイントでようやく釣果が出た。
“マル”を防いでくれた船長に感謝です。
m君、k君今度はイイ思いしましょう。
IMG_0500.jpg

2016.2.13

関連記事

正月ジギング

IMG_0342.jpg

前回の青物の感触が忘れられず年が明けて早々ジギング船に乗った。ハマチの爆釣シーズンは既に終了しており、釣果にムラがあるよう。

天候もイイようで波もなくスムーズにポイントに到着してすぐk君お手製のジグをシャクる。
そしてすぐ移動。その一連の作業を繰り返すのだが、群れの移動がそうとう速いようでなかなかパターンにハマらない。

小浜沖は、昼前までハマチと言うよりツバスクラスがポツリポツリといった魚が上がる程度だった。
IMG_0344.jpg

IMG_0352.jpg


丹後で船長仲間がメジロ連発しているという情報が富丸に入り、尚且つピーカンの凪という事もあり船長が突如、「冠まで走ろか!!」と言い出し私たちは二つ返事でそぐに丹後に向けて出発した。
IMG_0348.jpg

が、しかし船が動き出して間もなく船が止まり「ごめん反応めちゃでてるし一回ここで落としてみて!!」
船長の感が働いたのか、船上ほぼ全員ヒットした。小浜沖でも時合いが始まったのだ。
ハマチに交じり立派な鯖やサゴシも喰ってきたりと長くは続かなかったけどそれなりに楽しめた。
IMG_0357.jpg

一方丹後の連発はその後直ぐに沈黙し船長の土壇場の判断に救われる結果となった。
帰り際サゴシの入れ掛かりを堪能して帰港した。
IMG_0356.jpg

天候にも恵まれ新年贅沢一日を過ごせた。

やってしまった。またもや肝心な魚の写真を撮り忘れた。。。
IMG_0364.jpg


釣果:ハマチ約10匹 サゴシ多数 鯖3匹
ジグ:k君スペシャル130g パープル

2016.1.3
関連記事

富丸

IMG_0255.jpg

冬型の気圧配置でおおしけとなった日本海もようやく穏やかさを取り戻しつつある。それでも風、ウネリともに残り景色はまさに冬の日本海。押しの強い荒瀬の中で踏ん張れても数年振りの船中はそう上手くはいかず高速ジャークとあいまって体力の消費が激しい。
IMG_0256.jpg

まずはハマチ狙いからスタートした。船長の言う通り朝の反応は薄い。それでも4、50㎝のハマチの走りは心地よく楽しませてくれた。周りの方もそれなりに釣られたようなので大型を狙うべく昼前に更に沖に向かった。
IMG_0257.jpg

「水深74m。反応いいですよぉ。おもいっきり早巻きで誘ってください」
船長からの指示通り底から一気に巻き上げるのだが腕の疲労が半端なくヒドい。
20m毎に喰わせの〝間〟を入れる。というか腕の休憩を入れる。
そしてハンドルを緩めた瞬間、違和感が手にはしりあわせを入れる。先程のハマチの引きとは違い、重みがあり強めに設定したドラグも度々ジージーと音を鳴らしている。
腕がパンパンになりながらなんとかリーダーまで巻き上げ、最後はk君にランディングを手伝ってもらい、70㎝程のメジロを手中に収める事が出来た。
IMG_0263.jpg


この後もk君と共に同サイズのメジロを何本も釣り上げ早々に目的を達成した。
IMG_0252.jpg

夕方、再度ハマチのポイントに入り朝とはまるで違う高活性のハマチと存分に遊んで港に戻った。久々青物の引きを堪能してフラフラになったが嬉しい方の疲労感だった事は確か。京都縦貫道も全線開通した事だしもう少しヘビーなタックルを追加して来季は丹後の方も行ってみたいところだね。
IMG_0259.jpg


釣果: メジロ、ハマチ 約30匹
糸:PE2号
リーダー:ナイロン40lb
ジグ:130g

2015.12.6

関連記事
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。