スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇川水系h谷釣行

5月17日

この日は安曇川でも比良山側の渓の釣行へ。

地図上では車止めから上流は暫く不流に。

側道に入りすぐに開けた車止めに到着します。

大きな砂防ダム。
IMG_1391.jpg


4時半 早速準備を済ませダムを越えると

アレ?水流れてるやん!しかも割とポイントあるやん。

ということなので早々にルアーを結びキャストを繰り返します。

この渓は提灯釣りをするのにベストな落ち込みだらけです。
IMG_1389.jpg


しかし見た目とは裏腹、投げれど投げれど釣れない。

魚影はかろうじて確認出来るものの

明らかに抜かれてる感じ。

500メール程進み一向に状況が変わる気配がなかったので

見切りをつけて本流に向かいます。

次は貫井堰堤のバックウォーターです。
IMG_1393.jpg

減水してますが雰囲気は悪くないです。

ピンクのDコンをボトム付近まで沈め

ドリフトトゥウィッチ。

後ろから警戒しながら25cm程のアマゴがチェイス。

すかさずスプーンに切り替えてフォローを入れますが結局口を使わす事ができず。

今度は本流と針畑川の出合い付近を釣る事に。

道のから川を覗くと

放流直後でしょうか、稚鮎も雨を待って

足踏みしてる状況でした。(写真中央の黒いの)
IMG_1421.jpg


そして出合いの深みまで行き、
IMG_1412.jpg


数投して本日初めの魚。
IMG_1408.jpg

Dコンで。

養殖ですが銀鱗が綺麗なアマゴです。
19cm

そこから本流遡上します。
IMG_1415.jpg

中州の手前のヨレでドン!よしっ

でも直ぐにフックアウト。

あちゃー

気を取り直して更に上流へ向かいま。
IMG_1418.jpg


しかし上流に釣り人が。

一旦道に上がって

今度は出合から数百m上流の朽木渓谷へ。

橋の手前から入川します。

橋の下にまたしても釣り人の姿。

これからやるのに簡単に引き下がれない

「つれますかー?」

「20m先まで行ったけど全然つれへんし戻ってきました。水も少ないしあかんね。」

「上流釣ってもいいですか?」

「どうぞー」

道の上からみる渓相通り抜群の景色。

ここで釣れたら絵になるなーと期待して進みます。

大きなプール
IMG_1426.jpg


1投目

すぐにきました。

さっきの魚より全然重い。ドラグの音と同時に水面に浮いきた瞬間、

ルアーだけが僕の方へ飛んできました・・・

仕方ないです。

大きい堰堤付近まで進んだ所で釣り人です。

でもそこまで反応は先程のバラしのみだったので

引き返して車に戻ります。

次はこの間すぐ釣れた漁協前へ

水も少なく今日の魚の反応からして

何となく予感はしていましたが

案の定NO感じ。

10時、後半の釣りに備え早めの昼をとったつもりが

食べ過ぎとポカポカ陽気にやられて

一気に釣りモードではなくなったので本日はここで終了。
IMG_1428.jpg


段々渓流釣りをしていても頭の中は

『鮎』に向かってるのが分かる今日この頃です。

九頭竜川水系打波川B谷釣行

今回は福井の山奥へ。

5時前、車が停められる最終地点に到着。

既に2台の車。幸いその車の人達が準備中でどこまで釣り上がるか聞くと

「上流の出合まで。」ということだったので、

そこまでは釣りをせずに荒れ果てた側道を歩きます。
IMG_1365.jpg


時間にして1時間ちょっと。

入川後すぐいい感じのポイントがあったのでキャスト。
IMG_1316.jpg



1投目 猛チェイス!

そして2投目
IMG_1315_20140512211640d30.jpg
22㎝


次のキャストでも同じサイズがHIT。

Dコンのピンク

GWで荒らされているであろうこの状況下でも魚の活性は高い。

2.300m上流の堰堤で2匹追加。

堰堤と堰堤の間も、不規則で深みもあり捨てがたい。

写真右側の灰色の岩をスレスレに通すと
IMG_1323.jpg



真っ黒の魚影。

何度も同じコースを繰り返し流して
IMG_1322.jpg
20㎝


その奥の堰堤はPURE 2.0をドリフトさせて。
IMG_1341.jpg



次の堰堤は上からやってみる事に。
IMG_1350.jpg




同じスプーンをリフト&フォールで。
IMG_1349.jpg
19㎝

綺麗な色です。

暫くして大きな岩の上に菓子パンの袋が。

日付を見ると4月26日。

そこから急にアタリがなくなり引き返します。

最初の二又付近まで戻り釣り再開。

反応は最上流よりも好いのか

こちらの堰堤でもすぐ反応。
IMG_1356.jpg


IMG_1354.jpg
19㎝



とある溜まり。
IMG_1359.jpg


そーっと覗くと2.3匹の岩魚がふわふわしてます。


一投目で決まりました。
IMG_1358.jpg
20㎝


この後更に1匹追加して車止めまでワープ。

再び釣り開始。しかし流石にスレてるのか反応薄く釣り終了。

GW後にも関わらず魚の感触を大いに楽しめた渓でした。

こういう渓大切にしたいですね。
IMG_1367.jpg

釣果  :14匹 筆頭27㎝
ルアー :Dコン、pure


安曇川水系E谷釣行

5月4日



今回は3月のリベンジで再びE谷へ。

本流との出合からすぐ車止めです。

そこから二又まで釣りはせずに側道を歩きます。

たまたま同じ場所で撮影してました。

前回3/17
IMG_0667.jpg



今回5/4
IMG_1300_20140505131543470.jpg


倒木や崩れ等がなければそこまで車で行けて楽なんですが。

6時釣り開始。

水量は平水に落ち着き釣りやすい状況。

らしいポイントを探っていきます。

すぐにDコンで反応がありました。

チビあまご、チビいわなと連続HIT!

この日は昼前には市内に戻らなければならなかったので

気持ち早めの遡上になります。

イイ感じの溜まりがありました。
IMG_1228.jpg



PURE1.5赤金。一旦ボトムまで沈ませてからの表層リトリーブで。
IMG_1249_20140505131441763.jpg
19㎝



右側の落ち込みからでました。
IMG_1251.jpg

IMG_1252.jpg
こちらもPUREで。17㎝



1投目、左の岩陰から真っ黒の魚影がチェイス!
IMG_1253.jpg

2投目、

3投目、


チェイスは続きますがバイトには持ち込むことが出来ず…



その後もポツリポツリと釣れますが、
IMG_1266.jpg

IMG_1265.jpg



あまごオンリーで岩魚は最初のチビのみ。


それにしても新緑に囲まれて釣りをするのは本当に気持ちが良いです。
IMG_1268.jpg



少し大きい淵に到着。
IMG_1280.jpg
沈黙です。


ふと滝の脇を見ると谷ワサビが群生
IMG_1295.jpg



更に遡上をつづけます。雰囲気抜群の落ち込み!
IMG_1294.jpg
ここも同じくぬか喜びに終わります。
 

時計を見ると9時。


後髪を引かれる思いで渓を後にします。


車に戻ったには10時半。


20分程、時間に余裕があったので本流漁協前で少しだけ悪あがき。
IMG_1307_2014050513154116b.jpg


すぐに結果はでました!

岩魚22㎝
IMG_1304.jpg


ヤマメみたいなアマゴ17㎝
IMG_1302_201405051315440c0.jpg


引きを味わって納竿。

あえて1日本流で釣るのもアリかも。

釣果  :アマゴ、岩魚 筆頭22㎝ 計9匹
ルアー :Dコン、PURE





愛知川水系k川釣行

4月26日

明王谷にいく予定でしたが急遽k川に変更。


昔この川に飛び込みに行った事もあり花崗岩の綺麗な川というイメージです。
IMG_1204.jpg


5:40ポイントに向けてM君、K君たちと側道を歩き出します。

6:30頃堰堤からの入川。
IMG_1178.jpg


下流の大堰堤からここまではC&R区間。本日はこれより上流を遡上します。
IMG_1180.jpg

渓相とは裏腹子アマゴのチェイスが時々だけで

釣果にはなかなかつながりません。

暫くして20㎝程のアマゴです。
IMG_1185.jpg


稚魚放流でしょうか。

渓相、水質は言う事なし。
IMG_1218.jpg

IMG_1203.jpg

バイトが極端に少ないので進むスピードが次第にアップ。

たまにですが小アマゴはかかります。

この深みを粘って。
IMG_1197.jpg

IMG_1194.jpg


この大淵は上からの釣りでしたが全員に魚の反応がありました。
IMG_1219.jpg


それでも型はよくない。

ゴルジュにより大小の滝が続き高巻きを要する為、

そのたびに体力がなくなります。
IMG_1200.jpg


大分奥に進み水量も減ってきたとともに川底全体に「あおさ」が覆うようになります。
IMG_1220.jpg


それでもまだ小アマゴのみの魚影は確認できます。

しかし12:30

体力、精神力がなくなり納竿。

車に戻ったのが4時過ぎ。

流石に疲れました。

残念ながら今回、天然岩魚の顔はみられませんでしたが

天気も良くやはり渓相は素晴らしく景色に癒されました。
IMG_1221.jpg


釣果 :あまご5匹
ルアー:Dコン50 黒金
 






高島市源流釣行

4月12日


この日はKくんとの釣行。

5時半頃現場到着。

まだ森の中は薄暗く不気味な雰囲気。

そんな中準備を済ませ入川

入口付近は両サイドコンクリで整備された川なので

雰囲気はあまりありませんが早速竿を出します。

たまに小さな魚の逃げる影が自分の前で走る程度で

釣れる気配はありません。

程なくして周りの景色が渓へと変ってきます。
IMG_1071_201404131158467eb.jpg


その頃には自分の背後から陽が差し込み条件は揃います。

魚影が少ないようで手応えを得るのに時間が掛かる。

ルアーを通す棚が少ないせいもあり

上がるスピードもどんどん早くなっていきます。

堰堤が多く上る度に一苦労。
IMG_1073_20140413115848294.jpg


徐々にモチーベーションが下がり始めた7時。

「この谷アカンみたいし見切ろかー」

「次の堰堤まで行ってアカンかったら引き返そー」

そんな事を言いながら次の堰堤まで到着。

しかし思わぬ展開。

k君がキャストしたオリジナルマラブーに

ドンッ!!

まさかのアタック。

フックアップには至らなかったものの、

ここで引き返す理由がなくなり

更に堰堤を越え遡上続行。

とある深み。
IMG_1105.jpg


「ここは必ずいてる」野生の感が働きました。

1投目、ピックアップ直前コワナが元気よく追跡。

2投目、先程とはケタ違いの岩魚の姿がアタック。

3投目も同じやつがミスバイト。

そしてk君がすかさずマラブーでフォローに。
IMG_1085.jpg

25.5㎝

黄金に輝く堂々の魚体。



そのすぐ上流
IMG_1103.jpg


IMG_1100.jpg


本日初HIT。今年やっと出会えた天然。

Dコン金黒


遡上する足取りも一気に軽くなり

k君、更に27㎝追加。
IMG_1152.jpg


枝まみれの落ち込み
IMG_1131.jpg


23㎝(画像は泥酔の為消去) 同じくDコン


今度は小規模の滝壺に到着。
IMG_1124.jpg


泡の裏にDコンをねじ込んだ。
そして…



ここまで登ってきて良かった。
IMG_1122.jpg


サビの効いた29.8㎝

この滝から少し進みますがこのような渓相になり終了。
IMG_1127.jpg



時間がまだ早かったので本流の最上流、中流域と隣の渓も見に行きましたが

体力の限界を感じ夕方にこのよれで一本のみを釣って終了。
IMG_1146.jpg


IMG_1145.jpg


いろんな意味でも一日一渓が適正です。
IMG_1133.jpg

釣果 :4匹
ルアー:Dコン黒金50



プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。