スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の森

IMG_1396.png

連休真っ只中、北陸の谷にs君、k君の3人で入る事になった。
いつもなら前夜入りし近くのサウナで宴をして翌早朝から山に入るのが恒例なのだが
今回は仕事の都合もあって釣りのみ。楽しみにしていた〆のソースカツ丼は次回に持ち越しとなった。
Googlemapで何度も見て選定した谷に入る。
IMG_1389_20160508113055d26.jpg
約1カ月振りの渓。
入口すぐの堰堤、数投目で岩陰から岩魚が飛びついてきた。
IMG_1386.jpg

落込み毎とはいかないがそれなりに何らかの反応はあるが釣果には繋がらず遡上がいつもより早くなる。
IMG_1395.jpg

特大の堰堤も多く釣れないまま徐々に竿を持った山歩きになっていったので他の渓に移動。

次の谷では先行者がおられたが最初の渓より魚影が濃く反応もある。
IMG_1402.jpg

IMG_1439.jpg

見た目だけの落ち込みがあったり一ヶ所何匹も釣れる堰堤があったりと先が読めない渓である。
IMG_1427.jpg

IMG_1426_20160508113125aaa.jpg

暫く上ったところで下山する餌釣り師とすれ違い話を少し交す。
尺も上がっているようだが、その後を狙う私たちには期待は薄い。
せめてもの救いはルアーマンでなかった事。
IMG_1437.jpg

そんな中、大岩が沈む深みにs君がルアーを3回程通した時
真っ黒な影がそのルアー目がけて追尾してきた。
「今のデッカー!!」
その後そいつは姿を現すことはなかった。
久々魚を見て興奮した。警戒心の高い賢い個体。
アクションやルアーの種類、そして何らかのタイミングで条件が重なった時にスイッチが入る魚。
だからこそあそこまで成長できるのだろう。

その後、反応は次第になくなり私たちも下山した。
久々に長距離歩いて身体はフラフラになったけど美しい魚と新緑に心は十分に満たされる釣行となった。
IMG_1428_20160508113128e60.jpg


釣果:約10匹 18㎝~23㎝

2016.5.3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。