スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋アマゴ

IMG_0036.jpg

9月の最終週、k君、s君と3人で秋の山へ潜り込んだ。
この時期産卵を控えたアマゴ達は初夏の美しい体とはひと味ちがう魅力的な様相へと変化する。そんな個体に興味はあったものこの釣り自体は初めてとなる。
IMG_0019.jpg

IMG_0033.jpg

IMG_0023.jpg

渓を最後に訪れたのは5月。私の感覚もそこで止まっている。深みのある淵では何らかの反応があり警戒心より食欲の方が勝っていた。まぁ時期も違えば川も違うので反応が少ないのは不思議でないと考えるのが普通だがそれにしても魚が薄い。たまに目に入ってくるのは5㎝程の子供ばかりで朝から『釣り』より『歩き』がメインになると覚悟する。
IMG_0025.jpg

IMG_0030.jpg

IMG_0032.jpg

1本、2本と渓を詰め既に身体は悲鳴を上げていたがここでは引き下がれず3本目、薄暗い入口をくぐる。目先の大きな淵が見える度「これはおるやろ〜」…
「あかんなぁなんでおらんにゃ?」
と朝からこのやりとりを何度繰り返したことか。
IMG_0038.jpg

IMG_0040.jpg

気持ちが切れかかっていた時珍しくk君のミノーに黒い魚体が追尾するのがハッキリ見えた。しかも今まで子供のアマゴではない。
少し待って私もシンキングミノーを岩盤沿いにキャスト。底まで完全に沈めてからリーリングをスローにそして激しくヒラを打ち出来るだけ同じ場所で魚にアピールした。
IMG_0045.jpg

一瞬ハンドルが止まると同時に重みを感じ、すかさずあわせを入れる。ジャンプをされるも最後は強引に引き抜いてランディングに成功した。
IMG_0065.jpg

IMG_0057.jpg

IMG_0055.jpg

IMG_0058.jpg

この魚で全てが報われた。
暫く見惚れた後、新しい命のを祈りリリース。
IMG_0081.jpg

IMG_0085.jpg

IMG_0087.jpg


この後2日間まともに体が動かなかったが久々の森林浴でリフレッシュできた。
そして間違いなく1人だったらここまで攻めてこれてないのでこの魚を手に出来たのも2人のお陰です。
また来シーズンも「カッコイイの」探しに行きましょう。
IMG_0080.jpg


2015.9.26

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。