スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の朽木

IMG_3036.jpg


9月になって今季初めて朽木方面へおとずれた。先週末からグズついた天気のお陰で、大河川はおろかどの河川も状況は良くなかったが密かに私の中で針畑に期待を寄せていたので鯖街道から迷いもなく左方向にステアリングをきる。入川したのは京都と滋賀の境目。

昨年たまたま入った場所で印象に残っているからだ。とは言っても朝から雨で水温は低く状況は全く違う。
IMG_3038.jpg

目当ての場所まで下流に300m程あるので泳がせながらゆっくり下がっていったのだがその間は「魚影」ゼロ、「追い」ゼロで囮をただ弱らせただけで目的のポイントへ到着した。
IMG_3037.jpg

IMG_3039.jpg


折角なのでもう一匹の新しい囮に鼻カンを通し流れへと送り込んだ。すぐに水中で暴れてエビになったので直そうと手元に戻すと針が顔に刺さっていきなりご臨終…。
IMG_3040.jpg


着いて早速弱った囮一匹になってしまったのだが、その鮎をタラタラ泳がしていても掛かる気もしなかったので1番強い流れに上流から流し込むように入れると急に負荷が掛かり一気に下流に目印が下がった。その瞬間竿にかかるテンションが無くなり当然の如く糸の先には何もない…
雨も降り始めてきたので開始小一時間ではあるが「納竿」という言葉が頭を掠めた。が、いくらなんでも納竿は早すぎると再度囮屋さんへ車を走らせ、今度は本流のダムの少し上流で竿を出す事にした。
しかし運悪く雨風が徐々に強くなってきており釣りが出来るのも時間との勝負になっていた。本流は白川となり苔がほぼ飛んでしまっていたので瀬落ちの魚が溜まりそうな場所を泳がせてやる。
すると白泡の中に入りコツコツ。
何か掛かっている。そして引き抜きタモに飛んできたのはこんな小鮎。
IMG_3047.jpg


それでも1匹は1匹。その後いくら泳がしても反応はなかったのですぐ下の瀬に入れるとすぐにゴン。先程よりは手応えのある鮎。
IMG_3045.jpg


しかしここからペースアップしたのは雨脚ばかりでまもなく寒さの限界がきてしまい9時過ぎに納竿。釣れない時の雨はほんと心身ともに冷え込む。時間もあるしゆっくり温泉でも浸かってかえるとしよう。
IMG_3041.jpg



釣果 :2匹 8cm、15cm
水中糸 :フロロ0.175
針 :3本錨 6.5



2015.9.6

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。