スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高時川

IMG_2771.jpg

丹生川の下流高時川が解禁という事でm君、k君と一緒に行ってみた。
以前から「鮎釣りを3人でしよ。」と言っておりやっと実現に至った。
まだ暗くポイントも全くわからないので漁協裏から入川し新川合橋の上流で竿をだした。
m君は鮎釣り初挑戦で是非鮎の感触を味わってもらい、k君には何回か一緒に行っているが川の状況が悪い時ばかりだったので今日は入れ掛かりをしてもらいたい。

梅雨の時期なのに天気も快晴で川のコンディションは良好。朝から順調にチャラ瀬を泳がせて16cm前後の縄張り鮎がビューンビューンと目印を飛ばしてくれた。浅瀬なのですぐに荒れるが新場はやはり楽しい。周りに人がたくさんいるので理性が働くが入れ掛かりになるとその度声を出したくなる。村田満の気持ちもわからなくないのだ。
IMG_2773.jpg

自分の前を一通り釣ってテンポが悪くなってきたのですぐ下の瀬肩に移動した。そこではひと回り大きい鮎
が追ってきた。隣を見ればk君やm君も良型の鮎を掛けているみたいで和やかな朝の時間が流れた。
3時間程で33匹。
IMG_2775.jpg

IMG_2779.jpg

早めの休憩を取った後は漁協裏の瀬尻の絡むへちに移動した。
これが間違いだった。
入ってすぐにに囮を2匹詰めて時間を無駄にし、その後朝一のポイントに戻ったが折角初めての川なので車で川見しながら移動する事にした。区間最下流井明神橋の上流、ギラギラに加えて瀬では飛び跳ねてるではないか!
IMG_2780.jpg


すぐさま入川し竿をだすが魚は居るのに掛らない。というか暑過ぎて意識が朦朧としてきた。結局そこでは小鮎3匹で時間も時間といことで2度目の移動。
最終の場所を古橋下流の葦の絡む瀬肩と決め竿をだす。対岸ギリギリに芯が通って居るのでゆっくり下から泳がせながら芯へ誘導していく。
IMG_2781.jpg

コンッ!
1日攻められた結果なのか小さな鮎が
掛かる。そしてその鮎で瀬頭を直撃させると…
ドンッ‼︎
真黄黄20cm。
時間は3時過ぎ、今から朝のペースに戻そうと気合いが入った瞬間だった。
恐怖の根掛かり。しかもど芯なので回収に行けない。この日は詰まっても一切外れないし気を付けていたのに…
案の定、いくら竿を振っても取れないのでラインを掴もうと竿の角度を変えた途端竿先のテンションが無くなった。
やってしまった。
私のテンションも同じく無くなり、
仕方なく別の先を取りに行って同じ場所で再開。
そしてすぐに再度詰まらせ囮を無くしてしまったのだ。

もぉやーめた!

結局朝の休憩から釣果は3匹のみで
納竿。「ダメな時は何をやってもダメ」まるっきりこの言葉が当てはまった日であった。

一方m君k君はこの日初めてと数回目とは思えない程掛けていてセンス抜群で本当に驚いた。是非このままのめり込んでもらってまた3人で来年あたりトリップを再開したい。もちろん鮎釣りのね!
IMG_2782.jpg


釣果:    36匹 10cm〜19cm
水中糸:   複合0.05
針:     7.0  3本錨

                        2015.7.12







コメントの投稿

非公開コメント

活士先生

お疲れさまです。
見にいかせてもらいました!
HPで見るより絵の細かさや色彩の鮮かなのが良く分かり想像以上に迫力あってびっくりしました。
そうですね!是非楽しみにしてますっ!

ハークン昨日個展会場に来てくれたのに居なくてゴメンね。
台風の影響で休みでしたが、
社長さんの都合で開けて下さってたみたい❗
今度は川でお会いしたいですね🎵
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。