スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場所ムラ

IMG_2690.jpg


前日の九頭龍から郡上にはいって

この日はJAPANCUP 板取川に

出場したのですが恥ずかしながら

プラもせずのん気に他の河川で

楽しんだお陰で当然の如く撃沈で大会を終えた。

その後すぐに郡上に戻り

もりしたオトリの少し上流から川をみると

20cm超の鮎がキラキラしていたので

すぐに降りて竿を出した。
IMG_2684.jpg


二流し目に激しい当たりがあり

すぐにに合わせを入れた

その瞬間、テンションが無くなり

目印はフワフワ空中を漂っている。

親子どんぶりをくらってしまった。

原因は一流し目で小枝に糸が

絡まって複合が傷んでいたにも関わらず、

横着にもそのまま釣りを続行したからだ。

再度流すがその場所ではその後、

ピリッともしなかったので

徐々に下って鉄橋下の深瀬に到着。

ここでは0.8号のオモリを打って

引いてみると

ゴンッ!っと心地良いアタリで

20cmのこの鮎が本日の一匹目。

結局そこでは無反応だったので

明宝地区で良い情報が

入っていたので吉田川へ移動して釣り再開。
IMG_2688.jpg


背落ち、深瀬を中心に2時間半ほど

探って15cmの群鮎2匹のみ。

そしてこの時私は完全に気力を無く

してしまい竿を握りながら

睡魔と戦っていた。

午後4時、とりあえず

一箇所だけ気になる場所があるので

ちょっと見に行くことになり

車で移動後、藪の中を抜け川を覗いた。
IMG_2691.jpg


午後4時半、再び竿を出すことになった。

静かに囮を縄張りに誘導していく…

ガンガンガンッ‼︎

竿に電流が走ったようなアタリと

同時にキラキラと水中で絡み合うのが見えた。

上がってきたのはスズメバチのような鮎。

それからどんぶりもあったものの

怒涛の入れ掛かりが始まった。
IMG_2695.jpg


睡魔も疲れも何もかも忘れ

無心で盛夏を彷彿とさせる鮎釣りを

楽しむことができた。

これがあるから鮎はやめられない。
IMG_2693.jpg



釣果: 22匹 15cm〜23cm
水中糸: ナイロン0.175 複合0.05
針: シフト 6.5 3本錨


2015.6.14
















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。