スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾鷲ティップラン

満月の中、高速を走らせ静まり返る。

引本港に到着したのは夜が明ける前。

今シーズン初となるアオリ釣行で

今回はk君、nちゃんと共に出船する。

前回の鮭釣り以降休みが一切取れず

ここまできてしまったわけだが

頭の中でのイメージは無意識に幾度となく繰り返してきた。

それ通りになるかならないかは分からないが思う存分楽しもう。

k君が舵を取るなか日の出に向かって

船が潮風を切っていく。
IMG_2074.jpg


山頂には薄っすらと雪化粧で体感は真冬でも

久し振りに爽快な気分だ。

魚探をかけつつ風のあるエリアを探っていく。
IMG_2086.jpg


シャクって穂先に一点集中、訊く…

コッ

反応はある。でものらない。

毎度、糸がボロボロになり

開始30分で餌木が3つも無くなった。

そう、相手は肝がパンパンになった

ヤツだ…

再度、アオリを求めて船を走らせる。

右へ左へ。
IMG_2087.jpg


そしてシャクって訊いての繰り返し。

シュミレーションとは遥かにかけ離れている展開になってきた。

車中で「一杯くらいつれるやろ」と余裕。

ぶっこいでいた自分が恥ずかしい。

昼食後、釣りたいという欲より、

寒さ、眠さが勝って探究心、集中力が

薄れ始めてきた。

この時期午後2時を回ると

一気に夕方の空へと変わる。
IMG_2089.jpg


頭の中は都合のイイもので

イカから完全に温泉&ビールに切り替わるっているではないか。

k君がまだ黙々と魚探とにらめっこしながら

竿降っているのを尻目に僕はひと足先に

納竿させてもらう事にした。

「釣れへんし終て見てるわ」

早よ帰ろーや!と言わんばかりに

k君に厚を掛ける笑

この後k君、少々粘るも

結局イカの反応なく帰港。

釣り方、タイミング、地形、ベイト、棚、潮目、風…

色々試みたけど答えが出なかった。

疲労感はあるけどそれは体力的なもので

いつものごとく、

精神的にはリフレッシュできた。

k君、nちゃんありがとう!

また行きましょう。そしてmくんも。

2014.12.7



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。