スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原川TRIP1

夜12時地元を出発。

湖西から北陸に抜け目指すは有峰ダム。

ゲートはまだ開いておらず、登山者の車が列をなしてずらり。

昨年40UPの釣果があったダムサイト付近のBWへ
IMG_1794.jpg


今回この場所で熊の遭遇はなかったものの

8月ということで虻の猛攻に気が滅入りそう。

今年はM君が仕事の都合で

K君と二人のTRIP。

この場所で反応があるのスモールマウスのみ
IMG_1796.jpg


早々に見切りをつけ、更に奥の祐延ダムへ

通常ここのBWまでは湖岸沿いの草原を簡単に歩いて行けるらしいが

貯水量が満タンでオカッパリの僕たちにはかなり不利な状況。

オーバーハングも冠水しその木々のタンニンで

本来透き通った美しいはずのダムが焦げ茶色で

なんとも不気味。
IMG_1805.jpg


仕方なくダムサイトの限られたポイントで釣る事に。

ここも先程と同じくトラウトよりスモールが先に反応をみせてくる

この時期は山奥とは言え水温的には厳しいのか

そう思いながら底付近を意識してDコンをリフト&フォール

繰り返してるとピックアップ寸前に足元のブッシュから

岩魚がルアー目がけてアッタクしてきた。

再度同じ場所にルアーを投げて今度はフォール中に

ガッツリとルアーを咥えた。

と重みを感じた瞬間岩魚の口から針が外れた。

横にいたK君のルアーのも50くらいの魚の反応が目視できた。

回遊魚が回ってきたのか

もう一度底付近でアクションを加え、

ラインが右に走った。

魚だ。

今度はK君が素早くタモで受けてくれて無事キャッチ。

茶色の保護色に染まった岩魚。
IMG_1801.jpg
30㎝

一気に活気づく現場。

ところがそれっきりで

富山を後に飛騨方面へ。

それにしても北アルプスは熊が多い。

運転中とは言え今年も国立公園内で熊に2度遭遇した。

1時間掛けて高原川へ到着。

こちらは鮎狙い。

神岡の農協前で竿を出したのが14時。

まずは瀬肩で。
IMG_1807.jpg


入れてすぐ鮮明なアタリ。

同じ湖産でも広河原のアタリと訳が違う。
IMG_1810.jpg


1時間で6匹掛かったものの

その後の雨で少し水温が下がったのか

イブニングサービスの気配もなく

もう1時間は反応なしで納竿。
IMG_1809.jpg




渓流
釣果  :岩魚 1匹 30㎝
ルアー :Dコン50赤金



釣果  :6匹 16㎝~21㎝
水中糸 :複合0.05
針    :3本錨 7.5

2014.8.14

コメントの投稿

非公開コメント

神田さん

コメントいただきありがとうございます!
いやぁ雰囲気は有峰も佑延も良かったですがタイミングが悪かったみたいです。
個人的には渓流の方が楽しいような…

大きい魚影

 いやあ、スリリングですねえ。
 さすがにデカいのがいそうですね。
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。