スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上桂川釣行

IMG_1734.jpg


ほぼ例年通り梅雨が明けた。

夕方時間ができたので

久しぶりに周山を覗いてみた。
IMG_1715.jpg


約25cmの減水&高水温でこちらも

「例年の通り」土用隠れ気味。

前日までの三連休は解禁日並の人で

かなり厳しいとの事。

どこ行っても一緒か

川に到着したのは4時過ぎ。

場所は山国神社。

土手道から眺めると小さいのがハミハミ。
IMG_1714.jpg


10分程、囮を川の温度に慣らした後

上泳がせで直ぐに17cmほどの鮎。
IMG_1727.jpg


元気な囮に変わったので、1番目ぼしいポイントへ直撃…
IMG_1717.jpg


2.3秒して目印が飛びます。

先程と同じサイズ。
IMG_1721.jpg


再び囮の交換を済ませて

肩に掛けてた竿を外そうとした瞬間、

「パンッ‼︎」

ん?まさか…

その瞬間竿の重さがゼロになり

水面に竿が落ちてきた。

またかい!

しかも今回は風に煽られて。

極限までそぎ落として造られた超軽量ロッドの宿命なのか。

その部分が痛んでたのか。

どちらにせよ考えてる時間の余裕もなく

代わりの竿を車まで取りに行って

仕切り直し。

もう一匹の元気な囮に付け替えてもう一度逆上げを試みることに。
IMG_1716.jpg


かなり上の方まで泳いだので戻そうと水面で囮を引いてくると

いきなり「バフッ!」

という鈍い音と共に囮が何物かに襲わたのを

目の当たり。

近くまで寄っていくと60cmほどナマズが鮎をおもむろに咥えている…

その後、奇跡的にナマズの口から鮎が外れたものの

その囮は言うまでもなく…

こういう日は何をやっても上手くいかず

流れてきた刈り草に引っ掛って仕掛を切ったりと

結果から言うと日没までやってギリギリ

「つ抜け」できず。
IMG_1719.jpg


どうせならナマズでなくウナギだったら土用の丑で

良かったのに。


釣果   :12㎝~18㎝ 9匹
水中糸  :0.15号
針     :3本錨6.5

コメントの投稿

非公開コメント

神田さん

コメントいただきましてありがとうございます。
水量が多い河川は稚鮎も捕食しやすいのでアマゴの発育も早いです。
上桂川は梅雨が明けると常に渇水で鮎自体も土用隠れになるので
水が出たタイミングで下流域ならば掛かるかもしれませね。

外道いろいろ

 こんばんは。
 桂川上流でもナマズが出るんですね。

 ところで、SHUWAさん、よその川ではアユの仕掛けに大アマゴがかかるという話。
 上桂ではどうなんでしょう?
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。