スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇川水系E谷釣行

5月4日



今回は3月のリベンジで再びE谷へ。

本流との出合からすぐ車止めです。

そこから二又まで釣りはせずに側道を歩きます。

たまたま同じ場所で撮影してました。

前回3/17
IMG_0667.jpg



今回5/4
IMG_1300_20140505131543470.jpg


倒木や崩れ等がなければそこまで車で行けて楽なんですが。

6時釣り開始。

水量は平水に落ち着き釣りやすい状況。

らしいポイントを探っていきます。

すぐにDコンで反応がありました。

チビあまご、チビいわなと連続HIT!

この日は昼前には市内に戻らなければならなかったので

気持ち早めの遡上になります。

イイ感じの溜まりがありました。
IMG_1228.jpg



PURE1.5赤金。一旦ボトムまで沈ませてからの表層リトリーブで。
IMG_1249_20140505131441763.jpg
19㎝



右側の落ち込みからでました。
IMG_1251.jpg

IMG_1252.jpg
こちらもPUREで。17㎝



1投目、左の岩陰から真っ黒の魚影がチェイス!
IMG_1253.jpg

2投目、

3投目、


チェイスは続きますがバイトには持ち込むことが出来ず…



その後もポツリポツリと釣れますが、
IMG_1266.jpg

IMG_1265.jpg



あまごオンリーで岩魚は最初のチビのみ。


それにしても新緑に囲まれて釣りをするのは本当に気持ちが良いです。
IMG_1268.jpg



少し大きい淵に到着。
IMG_1280.jpg
沈黙です。


ふと滝の脇を見ると谷ワサビが群生
IMG_1295.jpg



更に遡上をつづけます。雰囲気抜群の落ち込み!
IMG_1294.jpg
ここも同じくぬか喜びに終わります。
 

時計を見ると9時。


後髪を引かれる思いで渓を後にします。


車に戻ったには10時半。


20分程、時間に余裕があったので本流漁協前で少しだけ悪あがき。
IMG_1307_2014050513154116b.jpg


すぐに結果はでました!

岩魚22㎝
IMG_1304.jpg


ヤマメみたいなアマゴ17㎝
IMG_1302_201405051315440c0.jpg


引きを味わって納竿。

あえて1日本流で釣るのもアリかも。

釣果  :アマゴ、岩魚 筆頭22㎝ 計9匹
ルアー :Dコン、PURE





コメントの投稿

非公開コメント

ほじさん

コメントいただきありがとうございます!
そうですね。18号の爪跡が激しく僕も心配してましたが
渓魚達はなんとか大丈夫みたいで一安心です。
また本流が今まで以上にザラ瀬になってしまい
鮎に影響がでないか心配です。
これも自然と言えば自然なのかもしれませんが…

No title

安曇川の枝沢、今年はポイント構成が激変した場所が多いですね。昨年秋の大水では京都市側の源流部を含め、主に西側の枝谷が広くやられた様です。そんな状況でも居着きの野生アマゴが確認できたのは良い事だと思います。漁協前で釣るというのは、何というかまあ、そういうのもアリ?(笑)的な感じです。やっぱり釣れる場所では釣りたいですよね。
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。