スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇川廣瀬地区釣行

8月24日


大きな気圧の谷が西日本を覆っており島根県では記録的豪雨。京都も前日から雷雨で

一人の釣行だと確実に断念してるとこでしたが

今回はK君の鮎初釣行ということで気合いの入り方が違います。

同世代で鮎にはまってる人は未だ川で出合ったことがないので嬉しい事です。

鮎はキッカケや周りに勧めてくれる方がいないとなかなか始めるのは難しいですし

実際に道具が高いイメージが先歩きしているみたいです。

朝8時過ぎ川に到着し最下流の常案橋から川見していきます。

水位は前日からプラス5㎝で平水のマイナス25㎝と雨の影響はなさそう。

漁協で状況を尋ねると何処も似たり寄ったりで広瀬橋より下がまだマシという事なので

まずは「チェーン」から始める事に。

K君が開始早々記念すべき1匹目を釣ったので僕はひと安心して

下流のトロから始めます。
DSC_0115.jpg


群鮎にオトリを馴染ませて数匹釣りますがどれも白く小さい。それを分かって釣ってたのですが

面白くないです。

上の瀬に耐えれる元気なオトリが欲しかっただけなので。

そして瀬の一番流れのきつい場所に突っ込んでドンッ!

なんじゃコレ。ウグイです。

そして弱ってしまったオトリで同じコース。

再びドンッ!

なんじゃコレパート2。6㎝の小鮎。

それでもそのあとすぐに掛かり、徐々に大きくなり最終的には18㎝の黄色いやつまで出ました。
DSC_0128.jpg


時間はお昼。それまでで7匹。厳しいです。

昼からは常案橋の前後でやる事に。
DSC_0117.jpg


ココは一見すると「チェーン」と違い群れの個体も悪くないので

泳がせに徹します。

瀬肩で小さな群れがいくつも形成されており群れと群れが重なるタイミングにハミ方が

激しくなります。そのタイミングで毎回掛かりました。

なので掛かる鮎も半分以上が黄色でした。

夕方5時前上流の瀬が空いたので入れ掛かりを期待して移動しましたが終日たたかれたせいか既に「もぬけの殻」。
DSC_0119.jpg


下流で竿を立ててた方が賢明だったかもです。

6㎝~19㎝ 17匹
DSC_0125.jpg


天井糸:PE0.4
水中糸:フロロ0.175
ハリス:1
針  :3本錨7

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。