スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原川TRIP2013 三日目

6月23日


最終日の朝も再び3時起床で朝食まで浅井田ダムの下流を攻めます。

しかしまだ薄暗いのに既に先行者。
DSC_0974.jpg


潔くここは諦め葛山堰堤下に変更します。この堰堤は電子制御で開閉式。
DSC_0977.jpg




釣りを始めて数分、徐々に水位が下がってきたなと思っていた矢先にK君ヒット!

水位が下がって水が穏やかになりボイルが始まります。僕のDコンにもこましな魚が食ってきましたが

フックを伸ばされバレます。

その後再び堰堤が開き水位が一気に増し始めて

次に閉じ始めるタイミングまで待ち、再び水位が下がり始めボイルの中ルアーを投入。

そしてガツン! Dコン 63 アカキン
DSC_0975.jpg


次のタイミングでもM君、尺岩魚!

朝食を食べた後は川を挟んで道沿いとは反対側の先行者がいる可能性が低そうなA谷へ。
DSC_0979.jpg


暫く釣りをせずに登るつもりでしたが本流付近で尺上が釣れたので入口から釣り上がる事に。
DSC_0981.jpg
Dコン 黒金 50

谷入って間もなく堰堤の連続です。
DSC_0983.jpg

DSC_0982.jpg
PURE 2.0 RG

スプーンを虫が流れる速度で引いて。
DSC_0986.jpg

DSC_0984.jpg

この岩の下にいるのは分かっていたので20投くらい投げ続け、やっと。
DSC_0990.jpg

DSC_0989.jpg
 


2時間ほど釣り上がって最大落差の堰堤。その脇に垂れているワイヤーで3人で協力して登ります。

その堰堤でも
DSC_0991.jpg

DSC_0992.jpg


そこから一気に魚も濃くなりバイトも増えます(サイズは下がりますが)
DSC_0994.jpg

DSC_0996.jpg


そして釣るペースが上がってきたところで両サイド岩壁のF。高巻きを試みたが

危険過ぎるし時間的にもその上は断念…
DSC_1000.jpg

DSC_1004.jpg


奥に進んでたらもっと釣れたんでしょう。

それから谷を降りて2時。残り1時間ちょっと。A川3人で20匹弱。アベレージ23㎝。

TRIP最後のポイントは朝釣りをした葛山堰堤。

現場について堰堤の上はやってなかったせいか何となく気になったので

急遽上流側でやる事に。
DSC_1010.jpg

最後に一発大物を釣ろうと、ひたすら遠投して流芯を丁寧に流しました 。
DSC_1005.jpg


しかし無反応。

M君が僕に「向こう行く?(堰堤脇の淀み」と聞いてきましたが

僕は「ここでやるわ」と留まりました。

20分後、背後に見える二人を見るとなんだか忙しなそうにしています。

K君に呼ばれて淀みに行くと

M君がやってくれてました。ドラマ魚です!!高原川が育てたパーフェクトボディ!38㎝
DSC_1008.jpg



K君もそのポイントで4匹!

旅の終わりに花を添えてくれました。

僕は1バイトのみでしたが満足です!

本当に充実した三日間でした。

民宿むらかみのご夫婦今年もお世話になりました。

わがまま沢山聞いていただいたり、サービスしていただいたり有難うございました!



民宿村上
http://www.minshuku-murakami.com/


コメントの投稿

非公開コメント

神田さん

コメント頂き有難うございます!
流石に三日連続の谷は足にきます。
充実感と引き換え筋肉の疲労感も半端ないです笑
逃げなかった熊はつがいでした。遭遇した時3人いてて良かったです。
ここまで山奥に来てスモールマウス釣れたとき複雑な気持ちになりました。
黒部ダムとかにもいるのでしょうか。

No title

 こんばんは。
 いやすごいとこですね。
 でも体力、胆力が要りますね。
 逃げない熊というのも不気味。

 それにしても、スモールマウス、こんなところまで放流しているんですね。
 けしからん。

 たくさんの写真、楽しませていただきました。
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。