スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九頭龍中部釣行

IMG_2136.jpg

不調が続く今シーズン。郡上も冷水病が出てダメとか釣れてるとか情報が錯綜する中、引き釣りがしたくて鮎釣りとしては3年振りに九頭龍中部を訪れた。
厳密には昨年サクラマスで来ているのだが…
久々の休日が取れてストレス解消といきたいところ。今回はmくんも休みをとってくれたので久々2人での釣行となる。
状況としては例年より育成良く良型が釣れてるが数が少ないとの事でじっくりと川見して入川した。贅沢言わないのでそれなりに手ごたえを感じればそれでイイのですが。
IMG_2127.jpg

早速、イマイチな天気に関係なく私も下流のmくんも一流し目で追いけ気のある鮎がかかってきたのだ。
増水後の下げ水という事もあり、思っていたより数は釣れそうな感覚を持てた。
IMG_2128.jpg

しかし、気づかないうちにタモが流されており鮎のサイズ的に必要のない九頭龍返し用のタモに変更を余儀なくされる。
降ったり止んだりの天気で水温も17度前後で上がらず鮎達も最初な追いがなくなった。
お昼を食べて北島橋の下流へ移動する。
流れのある深みで4連発目、ビリ鮎にアタックしてきたのは体高のある23㎝。やっと九頭龍返しのしがいのある鮎が掛かってきたと竿を逆に返した途端…ペンッッ‼︎
「あぁ〜」
久し振りの嫌な感触。折れたのはトップだったので金銭的な負担は少ないが、気持ちの面でやられてしまったのかすぐに竿を交換してやり直したが反応は皆無で1日目は終了した。
IMG_2196_20160725214626f51.jpg


梅雨明けし夏空となった翌日、朝から坂東島へ直行した。
IMG_2133.jpg

前日オトリ缶を預けに森石オトリ寄った際、凄まじい鮎を大将から見せつけられたからだ。
福井なまりが激しすぎて十中八九何言ってるかわからなかったが何となく意味が分かった。「コレみてみ。坂東島、こんなんばっかり30匹やで。」
筋肉隆々の季節外れの大鮎に私たちは「やっばー」のひとことであった。
しかしmくんの1匹だけで期待大外れでアチコチ移動する羽目になったがなかなか釣果につながらず気付けば市荒川で夕刻を迎えた。
IMG_2134.jpg

小一時間経って派手に動くm君が視界に入ってきた。何やらデカいのを掛けたみたいだがしばらくして切られた様子…

IMG_2138.jpg

IMG_2139.jpg
鮎居るのは確実のようでその後私のオトリにもにも追ってきたが胸まで浸かってたので寒さの限界に達し数匹ではあるが引きを味わって納竿した。
IMG_2141.jpg

釣果には恵まれなかったが久々充実した時間を過ごせた。m君、また九頭龍のリベンジしましょう!
IMG_2146.jpg


釣果:1日目10匹 2日目9匹
15㎝〜22㎝
水中糸:0.05
針:満開チラシ8.5

2016.7.18





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。