スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揖保川

IMG_0096.jpg

川上から吹き抜ける風が橋の上から魚を探していられない程冷たく秋を感じずにはいられない。一見して流芯の苔が飛んでる事だけはハッキリ分かった。
IMG_0094.jpg

どちみち行く場所は決まっているので特大の鮎を獲るべく消防署前へ降りた。
IMG_0098.jpg

瀬肩から始めて、徐々に真髄の棚へ近づいた。
釣り始めて30分弱待望のアタックがあった。良く引いてくれたが20㎝。
IMG_0102.jpg

IMG_0099.jpg

天然の囮に入れ替わったので反応は続くと思ったが読みは甘く大勢いる周りの釣り人誰ひとりとして竿を曲げてる方はおられず、苔の着いたヘチで泳がせも試したが結果は得られずにすぐ下の『住宅前』に見に行った。暫く観察したが竿を絞るどころか竿を仕舞う方の方が多くてここも見切り、少し上のとある瀬肩に入った。人も少なくポイントの構成としては悪い要素もなく目新しいハミ跡も至るところで確認できた。
IMG_0104.jpg

IMG_0106.jpg

IMG_0108.jpg


だが、掛からない。
陽も上がり水温も上がっているはずなのに…
IMG_0110.jpg

IMG_0113.jpg


川見をしながらゆっくり上流へ向かって行った。その間大勢の釣り人を確認したが魚を取込む姿を一度も見る事はなく良くない空気が川中に流れていた。『カラト』まで上がってきたがイマイチ入る気になれず、そこから再び下がり何気に辿り着いた深瀬が誰1人と居なかったのでそこへ入川。
IMG_0116.jpg

IMG_0119.jpg


感が当たっていたのか入ってすぐ掛かったが掛かりが浅くバレてしまう。4匹の囮も流石に朝から引きづり回してヘロヘロになってるのでいい加減釣らないと。
ところがそれ以降何の反応もなくなり、移動しても可能性は薄いとは判断し早めの納竿。
結局朝からの魚しか手にする事ができなかったが私が持つ川の印象は昔と比べて断然良くなった。20年程前、よく遊びに連れて来てもらってた時と比べて格段に水質が良くなっていた。これも行政、地域の取り組みの結果だと思う。水が綺麗だと魚をはじめその流域の生命も豊になるし、無論釣る側にとっても気持ちが良い。特大が狙えてこのロケーションなら魅力のある川だと再認識した。

2015.10.4

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。