スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手取川サーモンフィッシング

北陸で貴重な体験ができた。

数少ない鮭釣りができる河川で手取川は本州最南端。

まず応募して抽選に当たらないことには釣りが出来る権利が得られない。

当然、土日枠の倍率は高くよほどの運がないと鮭釣りはできないと思っていた。

募集締切日たまたま応募してみると

数日後、すんなり許可証と振込用紙が届いた。

この運が釣り場で発揮できればイイのに…

金沢に前日夕方入り。

そして巨大温泉施設で宴。

実はこちらの方が楽しみだったかも

不安定な天気予報となった釣行当日。

まだ暗いうちから4、50人程受付に並んでおられた。

7時に釣り開始の笛が鳴りスタート。
IMG_2022.jpg


前日270尾の釣果報告があり期待はもてる。
IMG_2020.jpg


この日、家の用事で1時には納竿しなくてはいけないので

よたよたはしてられない。

開始10分も経たない頃2、30メートル上流の方にHIT。
IMG_2021.jpg


でも口ではなくスレの様。

それから暫く同じ範囲でのスレ掛かりが連発。

魚がそのエリアで数をなして遡上のタイミングを待ってるのは何となく分かった。

でもこれらの個体が今口を一切使わない事も同時に理解した。

新しい群が上って来るのを期待して区間最下流域にに移動。
IMG_2024.jpg


海はすぐ先に見えている。

そしてその河口付近に多くの釣り人も確認できた。

何釣りかまではわからないけど…
IMG_2023.jpg


しかしその場所では状況厳しく1時間程で断念。

朝一いた場所より100m上に入らせてもらいキャストを繰り返す。
IMG_2025.jpg


するとしばしば鮭の背びれが水面に浮かび出る。

この場所に来て明らかに魚影の差を感じた。

周りも方も魚の反応に敏感になってるのが良くわかる。

しかしこの日は鮭にとって口を使うことは難しいようで

どの釣り人も口掛かりではなくスレ。

魚を引っ掛けに車を3時間走らせにきたのではないので

スレは物凄く微妙。

そして...

魚の感触。

唯一キャッチした鮭は案の定スレ。

背掛かりなので凄まじいファイトを見せてくれた。

引っ掛かってきただけなので写真はなしだが

アベレージサイズの70cmはゆうに超えていた。

来年再チャレンジしてみたいと強く感じる魚だった。

まぁ、当たればですが…

2014.11.2

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。