スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇川水系O谷釣行

3月29日

この日は以前から気になってた『O谷』へ行く事に。

入口の渓相は素朴で雰囲気はゼロ。でも大概入口はそんなものです。
IMG_0832.jpg


時間は6時。

気にせず入川し、15分程歩きます。

当然釣れないでしょうが良さげなポイントがあったので

ちょいとDコンを投入。
IMG_0840.jpg


すると、いとも簡単に初フィッシュ。稚魚放流でしょうか。
IMG_0835.jpg


この先に期待がもてます。

天然が釣りたかったので奥へと進みます。
IMG_0846.jpg


徐々に渓相も良くなってきたので

ここからは丁寧に流していきます。
IMG_0850.jpg


おっ!来た来た!チェイスはあります。

何回かそういった場面が続いたものの

一匹目の魚のように簡単にはいきません。
IMG_0866.jpg


針先のチェック、ルアーチェンジ、カラーチェンジも通用しない.

「なんで?なんで?」と独り言を言いながら更に奥へ。
IMG_0851.jpg


そしてやっと掛かってきましたが

チビちゃんです。

この魚を皮切りにバイトも増え

ちょくちょく釣れ出します。

こんなところで
IMG_0882_201403292040267e2.jpg


こんなやつ
IMG_0856.jpg


ここは
IMG_0886.jpg


こいつ
IMG_0867.jpg


暫く来た所で二又です。
IMG_0900.jpg


まずは激しそうな右手の筋へ。

しかし最初のFを巻いた所で更に激しくなりUターン。
IMG_0883.jpg


もう片方の筋へ。

こちらは少し行くと岩盤質へとかわります。

よって高低差はありますがポイントも素晴らしい。
IMG_0895.jpg


枝が絡む落ち込み。投げづらいのでできれば一発でいい所に・・・
IMG_0894_20140329204032248.jpg


よしっ綺麗に入った。トゥウィッチを始めて間もなく

ルアーをひったくる重みが。そして

本日最大魚22㎝
IMG_0892.jpg


そこから少し進んだ所が魚止めでした。
IMG_0897.jpg


10時納竿。

厳しかったですが、そっちの方が燃えてきますよね。



アマゴ 6匹

Dコン50黒金、赤金
関連記事
スポンサーサイト

安曇川水系朽木釣行

3月16日

この日天然の岩魚を釣る為、E谷を選択しました。

メンバーは親父とK君の3人。

夜が明けるまで谷の入口でしばし待機。

期待は高鳴ります。

やがて明るくなり、

上流の出合まで釣りはせずにとにかく向かおうと足を進めましたが、

雪がまだまだ多い…

半分程来たところで釣り人の足跡も無くなり。

そこから更に進むのが大変に。
IMG_0659.jpg



やっとの思いで出合いまで到着しました。

何ヶ所かポイントを見つけキャストしましたが全くダメ。
IMG_0660.jpg


魚影もゼロ。それどころか

雪代で水温がキンキンに仕上っております。

極めつけはその先にある大量の倒木&積雪で行く手を阻まれ

釣行断念せざるを得ませんでした。
IMG_0661.jpg

結局早朝の2時間、雪山ハイキングで終わりましたが

なんだかものすごく清々しく気持ちよかったです。
IMG_0667.jpg


谷はまだ早いという事が分かったので

それからプラン変更で針畑川→麻生川の放流区間に向かいます。

時刻は9時を回り。

陽が昇り水温がぐんぐんと上昇する時間帯です。
IMG_0674.jpg


しかも前日に解禁したばかり。

これは期待できるんちゃいますか。

まずは針畑。

見た目はマルですが、ノーチェイス。
IMG_0669.jpg


そして次。ここも良い感じの淵です。
IMG_0673.jpg


そして、本日最初の一匹。時間かかったー
IMG_0671.jpg


ここでは3匹かけて2匹キャッチ。

天気が良く空が綺麗なので釣りをしていてもしばしば上を向いてしまいます。
IMG_0676.jpg


これからの新緑シーズンが楽しみです。



その後ランガンを繰り返しましたが

いない場所は全くおらず

ほぼ同じエリアで5匹程追加して終了。

次こそは天然に期待したいです。
IMG_0681.jpg






関連記事

愛知川水系御池川釣行

3月2日 祝・解禁!

2014年初釣りです。

今回もK君とM君の3人の釣行。

実はこの日は解禁日の翌日という事で少し不安です。

朝7時に現場到着しますが釣り人、不自然に少な過ぎます。

大丈夫かな?

前日にほとんど抜かれてなければいいのですが・・・。

まずは君ヶ畑の集落からスタートです。
IMG_0607.jpg


川を一見すると20センチ程の増水。

その割に落ち込みが少なく狙えるポイントが少ないようです。

昨年の台風18号の影響かな?
IMG_0610.jpg


それでも小場所を間も無く発見しDコン黒金を投入。
IMG_0613.jpg



餌で釣れない魚、やっぱり残ってました。

そして3投程で勝負がつきました。
IMG_0611.jpg



今年お初岩魚。養殖ですがお初はなんだか嬉しいです。

少し上がった所に昨年爆発した淵があるので行ってみる事にしました。通称:核兵器
IMG_0614.jpg


期待とは裏腹、深みはほぼなくなっていたのでスルーしときました。

それからゆっくり川を遡上→車で移動→遡上を繰り返し釣りましたが、

ルアーをまともに通せるポイントが少なすぎます。

それでも・・・


IMG_0619.jpg

IMG_0618.jpg

IMG_0617.jpg

IMG_0627.jpg

IMG_0621.jpg

IMG_0622.jpg



ここだと言う場所には必ず魚は残ってる感覚は持てました。

昼からは集落の下流へ。

とある入川口に1台の車。

何気無くそこから川を覗くと今までにない完璧な淵があるではないですか!
IMG_0631.jpg

先行者がおられましたが岩を隔ててその上流は釣りをしても問題なさそうだったので入川します。

そして数投でヒット!

その後下流におられた餌釣りの方と話しをすると

「ここで6匹釣ったけどもう釣れへんし、やってもえーで。ちょっとお兄ちゃんのルアー釣りみてるわ。」

「えっいいんすか⁉︎ ありがとうございます‼︎」

そして1投目すぐに5.6匹魚が湧くように現れルアーをひったくり、

あまりにも簡単につれます。
2_20140306184541c39.jpg

おじさん苦笑いで「まだおるんやなー」

2投目もすぐにヒット。

3投目も

4投目も

5投目も連チャンは続きます。

まさにパラダイス。

おじさんには感謝です。

上流のM君を呼びすかさずポイントを共有します。K君にもTELしましたが圏外。

暫くして3人合流しその淵で楽しい時間をすごしました。
IMG_0625.jpg


時刻は3時半過ぎ。

フィナーレを飾るべく、

「ポイントめっちゃ少ななってるけどおるでー」と2人の言葉を信じ核兵器へ向かいます。

陽が山に隠れ風が激しく吹きらさし、寒さの限界でした。

それでも10匹程掛けて終了。
IMG_0616.jpg

あーenjoyしたぁ

そして寒かったぁ

帰り「八風の湯」でほっこりしてなかったら絶対また風邪引いてたわ・・・。

釣果 :77匹(3人で)

ルアー:Dコンタクト5.0
SMシャッド
PURE1.5





関連記事
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。