スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇川廣瀬地区釣行

8月24日


大きな気圧の谷が西日本を覆っており島根県では記録的豪雨。京都も前日から雷雨で

一人の釣行だと確実に断念してるとこでしたが

今回はK君の鮎初釣行ということで気合いの入り方が違います。

同世代で鮎にはまってる人は未だ川で出合ったことがないので嬉しい事です。

鮎はキッカケや周りに勧めてくれる方がいないとなかなか始めるのは難しいですし

実際に道具が高いイメージが先歩きしているみたいです。

朝8時過ぎ川に到着し最下流の常案橋から川見していきます。

水位は前日からプラス5㎝で平水のマイナス25㎝と雨の影響はなさそう。

漁協で状況を尋ねると何処も似たり寄ったりで広瀬橋より下がまだマシという事なので

まずは「チェーン」から始める事に。

K君が開始早々記念すべき1匹目を釣ったので僕はひと安心して

下流のトロから始めます。
DSC_0115.jpg


群鮎にオトリを馴染ませて数匹釣りますがどれも白く小さい。それを分かって釣ってたのですが

面白くないです。

上の瀬に耐えれる元気なオトリが欲しかっただけなので。

そして瀬の一番流れのきつい場所に突っ込んでドンッ!

なんじゃコレ。ウグイです。

そして弱ってしまったオトリで同じコース。

再びドンッ!

なんじゃコレパート2。6㎝の小鮎。

それでもそのあとすぐに掛かり、徐々に大きくなり最終的には18㎝の黄色いやつまで出ました。
DSC_0128.jpg


時間はお昼。それまでで7匹。厳しいです。

昼からは常案橋の前後でやる事に。
DSC_0117.jpg


ココは一見すると「チェーン」と違い群れの個体も悪くないので

泳がせに徹します。

瀬肩で小さな群れがいくつも形成されており群れと群れが重なるタイミングにハミ方が

激しくなります。そのタイミングで毎回掛かりました。

なので掛かる鮎も半分以上が黄色でした。

夕方5時前上流の瀬が空いたので入れ掛かりを期待して移動しましたが終日たたかれたせいか既に「もぬけの殻」。
DSC_0119.jpg


下流で竿を立ててた方が賢明だったかもです。

6㎝~19㎝ 17匹
DSC_0125.jpg


天井糸:PE0.4
水中糸:フロロ0.175
ハリス:1
針  :3本錨7
関連記事
スポンサーサイト

郡上八幡鮎釣り強化合宿

7月末~盆過ぎまで吉田川の畔で居候していました。
DSC_0064.jpg



前半は大水が何度も出て釣りにならなかったですが

後半は真夏日が戻り本来の鮎釣りが楽しめました。
DSC_0102_20130821194414787.jpg



安曇川や上桂川の泳がせ主体の釣りとはまた違い荒瀬や早瀬での豪快な引き釣りも楽しめました。

自身の腕前不足もあり釣果は納得のいくものではありませんが

郡上周辺河川の釣行で各々違う癖も少しながらわかったのも大きな収穫です。
DSC_0063.jpg



郡上八幡は水が綺麗で鮎のコンディションも良く空気も美味しいし

人も良い。居れば居るほどのめり込んでしまいそうな素晴らしい所です。
DSC_0106_20130821194408bbe.jpg



合宿にPCを持って行かなかったので合宿中ブログの更新は出来きず残念でしたが

充実し過ぎの夏休みでした!

腕を更に上げてまた来年遊びに行きたいです!
DSC_0062.jpg

関連記事

神通川遠征四日目

8月12日

本日は神通川上流の宮川下流共同漁場の釣行です。

神通川の海産鮎とは違い湖産鮎になります。

評判は以前から聞いていて一度行ってみたいと思っていた河川の一つ。

渓谷なのでこの時期はとにかく虻がヤバいという事で、高原川用に作った自作のハッカ水に更に原液

とシーブリーズをジャブジャブ投入して薬品焼けするくらいまで濃くして持って行きました。

船崎オトリから釣り場まで時間にして15分強。めちゃ近です。

虻の猛攻に遭いながらオトリをつけてスタート。

20㎝ほど水が高い為&渓流なので流れが速いという事。

更に虻対策で僕の手にヌルヌルに塗ってあるメンソレータムですぐに養殖オトリを

2匹もへばらせてしまうという大失態。開始早々心が折れそうになりながら

3匹目のオトリに付け替えます。こいつは昨日神通で釣った天然オトリです。

すると流石天然。泳ぎが違います。なんとゆう魅力的泳ぎでしょう!

そしてすぐに湖産独特の電気が竿に走ったような心地よいアタリ。

しかし引き抜く瞬間はずれてしまいました。

最後のオトリもヘロヘロに・・・。

暫く沈黙が続き下でイイペースで釣ってる親父にオトリを頂きます。

ふと対岸を望むと上流から「釣りキチ三平」の実写版が下りてきます。

そしてその実写版はエサ釣りのような釣り方でポンポンと入れ掛かりしています。

入川する直前に道で会った組合の方が「良い人は5、60釣ってるよ。」ておっしゃってましたが

多分あの実写版の事でしょう。

「郷に入っては郷に従え」という事で僕も釣りキチ釣法を用いて釣るとすぐにドッカンドッカン!

恐るべしです。

次に曳き船は川に置き写真右の大岩の上に上がって魚を見ながら釣る「じじぃ釣法」にシフト。
DSC_0096.jpg


それも5連発程しました。

最後は9.5の長竿を生かし川幅の広くなったど真ん中を広範囲に引いて追加しました。

この日は郡上に帰る日だったので3時で早上がりです。

18㎝~24㎝ 18匹 どれも丸々と肥えててすごく豪快な釣りが味わえました。

虻が気になり過ぎてスズメバチのような綺麗な鮎を撮るのを忘れてしまいました。


天井糸  PE0.4
上つけ糸 フロロ0.5 
水中糸  複合0.07 
下つけ糸 フロロ0.4
ハリス  1.5 
針    満開チラシ8
関連記事

神通川遠征三日目

8月11日

昨日の夕方入れ掛かりした大沢野大橋下流の左岸へ

水質はクリアになりつつありますが水量が昨日より心持ち増えている様子。

昨日良く掛かった場所を橋の上から見ると芯の中でも更に掘れた9メートルでギリギリ届く深みからが良さげ。

早速腕をいっぱい伸ばしオトリを通します!

しかし昨日の用にはいかず何故かかからない。親父は隣ていきなり真黄黄をラッシュ。何故??

よくよく考えてみれば昨日僕は夕方の高活性時にフロロの水中糸で広範囲を泳がせてた。

朝で水量も増えているということもあり金属ラインの方が有利ということに気が付き

仕掛けを複合0.07号につけ直し再度同じラインにオトリを通すと一流し目、

ドーーンッ!!真黄黄です!

それから午前中までやって25匹。

昼からは水温が上昇し深みがそんなに掛からなくなり逆に瀬鮎が出てきた感じなので

腰以浅を重点的に狙って5時前までやって25匹。

4時~5時の入れ掛かりタイムで惜しくもケラレ&ロケットのオンパレードでした。

ケラレは針、ハリス、オトリ、合わせ方と色々な原因があるのですぐに原因究明しないと

掛かるチャンスに取れないという大変勿体ない事になりますね。

8㎝~20㎝ 50匹
DSC_0089.jpg

※写真は二人分の釣果です。

天井糸  PE0.4
上つけ糸 フロロ0.5 
水中糸  複合0.07 
下つけ糸 フロロ0.4
ハリス0.8 
7.0 4本錨


関連記事

神通川遠征二日目

8月10日

この日は朝から新婦大橋下流の深瀬に入ることにします。

朝一なので、いきなり流芯には入れず少し手前から流して数分、目印に反応が。

15㎝の白いやつ。それから徐々に深場に入り同じような鮎をポツポツと追加しますが、

いずれも黄色くない。水温がまだ低いようです。僕もウエットタイツで胸まで浸かっていた為

余りの寒さで一旦竿を置いて休憩です。時間は10時過ぎ。この時点でこまいのが5匹です。

予報とは違い太陽の照り込みもこの時間までなく。微妙な感じなので早めの昼メシを食べ

太陽が出るまで河原で少しお眠り。

小一時間休憩しやっと夏の空がでてきたので再開です!深瀬の数個の岩が絡む最高の場所。

雰囲気抜群です。

それから数分後上流からマネキン?らしき大きなゴミが流れてきます。一瞬もしかして・・・

と思いましたが、周りの方も特に騒いだ様子もなく釣りをされてるので。

それから少しして上流から鮎釣りの男性が血相を変えてなんやら叫びながら走ってきました。

その瞬間先程の流れてきたのが「人間」とすぐ判りました。

その男性が「今、人がながれてきませんでしたか!?」と。その方は流された方のお連れさんでした。

流された男性は既に見えないくらい下流へ。

数分後レスキューのヘリや警察が到着周囲は騒然となってました。
DSC_0085.jpg



もちろん釣りは止め目撃者と話しました。

新婦橋下流の荒瀬に無理して入り一度溺れかけたにも関わらず、更に根掛かったのを

取りに行った際に足を取られ流されたと。

神通川は他の河川と違い流れが流芯へと流れているので足を取られると流れがきつく深い方へと

流されるみたいです。

この日神通川で鮎釣り師が僕が遭遇した事故を含め2名も溺れて亡くなりました。

鮎一匹で命を落とすのはあまりにも勿体ないです。竿抜けを狙いたい気持ちは分かりますが

自身の体力に過信はせずに釣りをしないと。と再度この事故で教えられました。

そして大沢野大橋下流左岸へ移動します。

時刻は15時。そこから少しずつ数を増やし5時半までで8㎝~19㎝を25匹。

まだ芯にはあかが着ききっていなかったので苦戦はしましたが明らかに下流より型は揃っていました。
DSC_0087.jpg
※写真は二人分の釣果です。


天井糸 PE0.4 水中糸 フロロ0.175通し ハリス0.8 6.5 4本錨
関連記事

神通川遠征一日目

8月 9日

梅雨明けしても盛期をがなかなかこない郡上。

せっかく鮎釣り強化合宿に来てるのに。

ストレス解消に「栄光の神通川」です。

舟崎オトリの大将に情報を頂き、空港前へ。

先ずは背尻から。

いきなりドーーン!!

とはいかず、ひたすら泳がせてましたがあたりすらなく

ノー感じ。

よくよく考えるとここは海産。あまりオトリを泳がせ過ぎても

逆効果。止め泳がせにシフトします。

そして待望の一匹!

徐々に海産の癖が見えてきて夕方の入れ掛かりタイムです。

何とか引き味を味わえた初日でした。


DSC_0077.jpg



DSC_0078.jpg



DSC_0082.jpg
※写真は二人分の釣果です。


8㎝~19㎝ 35匹。


水中糸 複合0.07 下つけ糸フロロ0.4 四本錨7号
関連記事
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。