スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島市K川釣行

5月28日


この川は一週間ぶり。どうやろなーと思いながら朝5時現場到着。


どんよりとした空。気圧の谷で風も強い。


通常なら明るくなる時刻なのにまだ暗いしなんか不気味。



でもそんな事より前日購入したウエットゲーター&クライミングシューズの履き心地が気になる。


川に向かって歩き始めた瞬間、軽っ!!めちゃ調子いいです。


前回より下流から始める事に。でも川に入った瞬間冷たっ!!


この瞬間まだ早いと感じましたね笑
DSC_0759.jpg



ルアーに高確率でチビがついてきますがバイトには至りません。


完全抜かれてます。5、6か所落ち込みを丁寧に探りましたが釣れる気がせず、


前回始めた場所までワープ。


一発目チビ岩魚 PURE RG
DSC_0761.jpg



15分後


二発目チビアマゴ 同じルアー。
DSC_0762.jpg



間もなる堰堤の連続が始まります。
DSC_0774.jpg



ここで一発目は23㎝のイワナ。アメマスを彷彿とさせるこの見た目。PURE RG 2.0
DSC_0763.jpg



同じポイントで二発目
DSC_0775.jpg



前回は川にしか気がいってませんでしたがこんな綺麗な花も。
DSC_0770.jpg



暫くしてこの堰堤で同行していたエサ釣りの親父がなんやらでかいのを獲った模様。
DSC_0783.jpg



ジャスト尺のアマゴ。何年も釣られなかったであろう厳つい顔した個体。
DSC_0779.jpg



その後僕も同じ堰堤で数匹追加。同じスプーンで。
DSC_0782.jpg



こちらは高所からのアプローチなので超スローリトリーブで。
DSC_0788.jpg



DSC_0786.jpg



毎度感じるのですが渓の釣りの釣果を伸ばす重要なポイントは


ルアーのカラーやアクションより「高度なストーキング」と


「キャスティングの精度」だと思っています。


もっと修行せんとあきません笑


前回スルーした堰堤でも。
DSC_0790.jpg


DSC_0799.jpg



DSC_0801.jpg




その堰堤を巻いた河原で昼食。今日はいつもより随分豪華です笑
DSC_0804.jpg


英気を養って釣り上がります。大摺鉢で前回と同じくパラダイス!Dコン50 黒金
DSC_0814.jpg


DSC_0811.jpg



こんな小場所でも
DSC_0819.jpg



DSC_0818.jpg




しかし暫くして雨足が強くなり前回と同じ場所で下山。


今回は不安定な天候が味方してくれました。


釣果:岩魚20匹くらい あまご1匹



関連記事
スポンサーサイト

高島市K川釣行

21日

本日は新たなNativeParadiseを求めいつもと違う渓へ。

現場に到着したのが5時過ぎ。

すぐさま仕度を済ませ川に向おうと

しかし偏光グラスを忘れてしまった

まぁいいか。

この川沿いに登山道があり釣り上るのもすごく楽そう。

そして一昨日の雨がプラス要因。

アクティブマインドが重要。

後は釣り荒れてなければ良いが。

渓相はとてもいい感じ。

釣りを初めてすぐ元気なヒレピンアマゴが。Dコン50黒金。
DSC_0653.jpg


あまごは2匹のみですぐいわなが釣れ出します。

その後、堰堤の連続。

しかも周りコンクリで整備されている為

一度降りると上ってこれないので堰堤の上から釣ることに。
DSC_0664.jpg


Dコンではうまくトレース出来ないのでPURE 2.0RGに切り替える。

掛かってもサイズは小さめですが1キャスト1バイト状態。
DSC_0662 - コピー


堰堤をいくつか越えて最大級の堰堤が現れる。

しかもその手前から河原に降りれる。
DSC_0671.jpg


ココは絶対はずせないポイントなので

PURE 2.0RGで丁寧に探ろうとキャスト。

着水と同時にHIT。

更に続けざまにもう一匹でも2匹共17センチくらい。

今度は蝦夷s50黒金に変更して大物を。

そして三投目真っ黒な塊が高速でロックオン
DSC_0677.jpg
本日最大24㎝

更にもう一匹追加して高巻きます。
DSC_0686.jpg


また雰囲気よくなってきます。
DSC_0696.jpg


そして
DSC_0704.jpg


ここから本格的な登山道に変化。
DSC_0709.jpg


ちょくちょく釣り上がりこんな場所でも。
DSC_0742.jpg

こんなやつ。
DSC_0739.jpg


「魚止めの滝」に到着。そういう名前みたい。
DSC_0697.jpg
ここではノー感じ。


更にどんどん上がり今度は一際大きなプール。
DSC_0735.jpg

まずは一投目難なく18くらいのイワナが

それから立続けに同じコースで3発連続
DSC_0732.jpg

DSC_0725.jpg


当たりが止まったので今度はこいつ。
DSC_0734.jpg


そしてまたパラダイス再開。
DSC_0728.jpg

DSC_0724.jpg

DSC_0713.jpg


この淵だけで7、8匹釣ったかな?


更に釣り上がり奥に素晴らしい淵。
DSC_0744.jpg


ここは3連発でスリーショット。
DSC_0748.jpg

ここはこの3匹のみ。

簡単に釣れると段々贅沢になってきます

それを最後に道が険しくなり

「これより先登山初級者は引き返して下さい」「滑落死亡事故多発」

といった看板が・・・

現時点で釣果に満足していたので貴船の淵の滝を望んで11時納竿。
DSC_0750.jpg


帰り際の本流、遊びでルアーを投げると

アマゴが飛びかかってきた。
DSC_0756.jpg


しかし田植えの季節は里川に濁りが入るので

気持ちよく釣りができない。

全体的にプレッシャーはかかっておらずきれいなイワナばかりだったが

まだ小さい個体も多かったので今後が楽しみな渓であった。

釣果:岩魚23匹 アマゴ3匹


関連記事

ビワマスローリング釣行

4月14日

この日は元々おやじと福井に岩魚釣りに行く予定であったが

前回の釣行で足の疲労が回復していない&

名神リフレッシュ工事で急遽前日に以前から行ってみたかったビワマス釣りに変更。

船長に状況を伺うと釣果にむらがあるとの事。

しかし事務所の写真や剥製を眺めて気持ちが高鳴る。
1368511888866.jpg


手続きを済ませ6時出船。

ポイントはべた凪の湖北を20分程走って姉川沖まで。
1368506951023.jpg


いきなりあたり。

こんなすぐ?あっさりと上がってくる。
DSC_0627.jpg


そして初対面。

まだ子供でも40くらい。
DSC_0628.jpg


何とも言えない美しい銀色。

焦ってちゃんと写真が取れなかったのが残念。

いつもと違う眺めでゆる過ぎます
1368505387943.jpg
1368505303196.jpg
DSC_0633.jpg


Hさんも
DSC_0617.jpg


今年は鮎がなかなか浮いてこずメインのベイトはエビだとか。

釣れれば何でも良い。
DSC_0615.jpg


層は30m~40m。ケタバスやウグイも数匹掛かったが
1368505881449.jpg


その後コンスタントにあたりが続き

1時までで51㎝筆頭に38匹近藤船長曰く

今季最高釣果との事。
DSC_0634.jpg


船内も終始和やかな雰囲気でほんとに楽しかった。


これも全て船長のお陰。
1368506469467.jpg


またよろしく
1368510448005_20130517103707.jpg



琵琶マスレイクトローリング
    ↓↓
http://www.amiboat.jp/biwamasu_trolling
関連記事

愛知川水系S谷釣行


4月12日

今回は久々の友達3人での釣行。

湖西の渓や姉川や色々悩んだが、愛知川に決定。

御池川や茶屋川はGWのプレッシャーの影響が

高いと判断し今回は下流の渓へ。

車では奥に入れないので道沿いの駐車スペースに停めて5:20入渓。
DSC_0508.jpg


いきなり激しい渓相が現れます。

ここではほとんどルアーを投げず探る程度。
DSC_0512.jpg


当然入口付近は釣れません。せめて1時間は歩かないと

2、30分くらい進んだ場所でいきなり谷が開けてチャラ瀬に変化。
DSC_0520.jpg


僕が景色に見惚れていると、K君ハ゛ラシ。M君Hit。

見せてもらうと綺麗な天然アマゴ

更に30分ぐらい奥に進とまた渓相が変わり

まともに狙えそうな谷になった。
DSC_0532.jpg


しかし絶対釣れそうなポイントで空振りばかりで魚は結構抜かれてる感じ。

前日前日と雨がせめてもの救い。

渕をじっくりというより竿抜けを狙ってった方が効率が良さそうと感じが。

で、僕だけまだノーHIT。

やっとのファーストフィッシュはこちらで

 Dコン5.0黒金
DSC_0537.jpg

DSC_0534.jpg

続いてこの場所から綺麗なアマゴ 
DSC_0556.jpg

DSC_0540.jpg
DSC_0541.jpg


岩魚はまだかまだかと期待しながら遡上。

そしてやっとM君が岩魚を釣ってくれました。

そこから少しずつイワナが釣れて行きます。

昼食後K君が良型のアマゴを釣り写真を任されました。
DSC_0564.jpg


この一級の渕でM君とイワナ連続Hit二匹一緒に撮影
DSC_0596.jpg

DSC_0574.jpg


大きい方は24センチ愛知川水系の最大級です。

Dコンパクト黒金
DSC_0568.jpg

そしてまた落ち込みで
DSC_0583.jpg

DSC_0579.jpg

絶対はずせない滝壺。
DSC_0576.jpg

なぜか無反応。

そしてとある切りたった谷の一番下の

小さな水たまりのような落ち込みで何気なくキャスト。


先ほどくらいのイワナの姿が出てきた。

再度キャストでまた同じ反応。

バイトには至りませんでしたが

ほんまどこに隠れてるか分からない。

そしてこの落ち込み必ずいるはず。
DSC_0595.jpg

しかしDコンで探っても一切反応なし。

そんなはずはないと

PURE 2.0g GRを落ち込みに投入フォールでアピール、

スローリトリーブで底付近を探ると反応が。

そして3投目。
DSC_0587.jpg


めんどいですが針交換だけでなく

ルアーローテーションやカラーローテーションも釣果に大きく影響。

こいつの写真撮るのに時間かかって2人は大分上に。

追い付こうと遡上したのだが2人が上から降りてきた。

「もう釣るとこないわ」と。

そのまま一緒に下山。

車まで無心で歩いて2時間ちょい。

全員体力の限界だった。

渓は通う度、緑は濃くなりは生命であふれていました。
DSC_0592.jpg

DSC_0524.jpg

DSC_0600.jpg








関連記事

安曇川水系O川釣行

4月30日


この日は昼から予定があった為、現地に夜明けに到着した。

O川の枝沢の最上流から釣り下る事に。

一番上まで車で行けるので物凄く楽だ。

その分スレやすいが・・・
DSC_0453.jpg


GWの影響で魚の反応が薄いのはある程度予想していたが、その通り。

暫くして15㎝くらいのアマゴがきた。

Dコン50金黒 魚止めの数百メートル手前、

こんな所までアマゴが入っている・・・。
DSC_0454.jpg


そのポイントはそれっきりだったので

早々に見切り下流の二又まで下り釣り上がる事に。
DSC_0472.jpg


少し渇水気味だが雰囲気はいい感じ。

すぐさま18くらいのアマゴが。同じくDコン50ヤマメ
DSC_0487.jpg


DSC_0494.jpg


日が高くなるに連れて水温も上がり活性が多少上がってくるのが分かる。

こんなポイントで追加
DSC_0481.jpg


DSC_0492.jpg


更に
DSC_0485.jpg


キジの羽が散乱しまくりです。

こーゆーのも自然を感じます。
DSC_0478.jpg


更に車で下がっては釣り上がりの繰り返し。
DSC_0470.jpg


しかし本日は9時に納竿予定


焦る中、ふと空を見上げるとこの景色。

見とれてしまいます。
DSC_0463.jpg


DSC_0489.jpg


この時期は新緑で釣りをしていても本当に気持ち良いですよね。

下れば下る程サイズUPしていく感じ。

この淀みで23、4くらい?

やっとこましなやつも出てくれました。
DSC_0480.jpg


DSC_0473.jpg


こんなとこでも
DSC_0488.jpg


DSC_0462.jpg


しかしこの日は風が非常に強く

元々末端冷え性の手が更に冷え切って

キャストがなかなかスムーズに決まらない。

おいしそうなポイントもそのお陰で何個かこわしてしまった。

まぁでもそれなりに楽しめたし良かったかな。

4時間弱で9匹。
DSC_0501.jpg

今度はじっくりとM川との出合いまで下ってみよ。


関連記事
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。