スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイクトローリング


毎年恒例となりつつある琵琶鱒釣り。今年もk君m君と夏の奥琵琶湖へ向かった。トローリングガイドの近藤船長とも一年振り。朝一挨拶を済ませ、6時前に桟橋を離れた。3日前に通過した台風11号の影響が気になるところだが琵琶湖も例外ではなく流入河川からの濁流で濁りと共に多くのゴミが流れ込んできたようだ。
船長「濁りが少ない陽の届くエリアを探して釣ります。」と。
shuwa「お願いします!」
そうして船首は竹生島西側へ向いた。朝一、凪の湖面を風を切ってフルスロットルで走行するのは最高に心地がよい。


IMG_2814.jpg

IMG_2827.jpg

エリア到着準備を済ませトローリング用のエンジンが始動する。時速2.5kmで歩く速度よりもスローに流していく。竿は全部で6本でどの竿に最初に反応があるか4人の視線が穂先に集まる。
IMG_2823.jpg


程なくしてダウンリガーの竿に小さなあたりがありm君が竿を握った。あっさり上がってきたのは小さいながらも歴とした琵琶湖固有の琵琶鱒。
「やりー‼︎」「幸先えーのちゃうん!」一気に船上が湧いた。
一年間振りにその姿を目にしたが本当美しいなさかなだと再認識させられた。パーマークはなく白銀の鱗の下からは薄っすらブルー系統の色素が透き通った魚体。
それから少し経って再びダウンリガーに反応があり今度はk君がアワセを入れた。
竿元から曲がり穂先が不規則に上下した。先程とは違う引きで横で見てるだけでも明らかに重量感のある魚であることが判った。
船長「竿のしなりを利用しないと」
shuwa「絶対バラすなよっ!!」
IMG_2845.jpg

k君はゆっくり魚を寄せ、そしてネットへ誘導していった。
k君「よしっ!」
m君・shuwa「でっか‼︎」
体高も幅もある素晴らしい魚。長さは45cmと大物とまではいかないが厳しいこの状況下でこの魚は嬉しい。残念ことに興奮して写真に残すことを忘れてしまった。
場所によってあたりの頻度は極端に異なったが船長のおかげでその後も同サイズを2本釣る事ができたのだ。
IMG_2832.jpg

陽が高く昇るにつれ鱒よりウグイの反応が目立つようになりやがてそのあたりさえも無くなり正午に納竿となった。幸運にもこの日近畿は梅雨明け宣言が出され夏空の下久々にのんびり気分で朝から釣りをする事ができた。
IMG_2826.jpg

IMG_2821.jpg

帰宅後これも恒例でm君k君含む7人で琵琶鱒料理を囲ってテラスで宴を開いた。夜はお酒も入ってふらふらだったけど本当に贅沢な1日を過ごすことが出来た。近藤船長に感謝です。
IMG_2828.jpg


釣果 :13匹 筆頭45cm

2015.7.20



コメントの投稿

非公開コメント

神田さん

コメント頂きありがとうございます!台風後のタフな状況下の釣りでしたが何とか釣らせてもらって安堵です。
写真…残念です。

No title

 お久しぶりです。
 恒例行事、いいですね。

 写真のないのが残念ですね。
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。