スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹生川

IMG_2757.jpg

初めての川。
地図を見て頭の中でイメージを膨らませる。
それだけでワクワクする。

川自体は里の中を流れる至って一般的な川であり、友釣り専用区間より
上流は間も無く変化に富んだ渓流と化す。

朝一は専用区間最上流の菅並地区に囮缶を沈めた。とは言っても釣りを始めたのは9時を回ってから。
昨晩降り続いた雨で赤濁りの増水の川に変貌していたからだ。
IMG_2754.jpg


水量は下がり傾向だがまだまだ芯は流れの押しがキツく囮が入らないのでおとなしく足元から泳がす。

グググッ!よかった。縄張りは浅瀬でもあるようだ。
IMG_2758.jpg


最初の魚は出して数秒で掛かった。
IMG_2756.jpg


でも喜んでる場合じゃない。束釣り達成する為9時には50匹釣ってる予定なのに…

しかし掛かるのは足元から2m先まででそれより先は垢が飛んでしまっていた。
3時間程で29匹。
IMG_2763.jpg


釣れる魚も小さく白くなってきたのでここで移動する。

漁協前〜専用区間上限より奥3キロ程度までを時間を掛けて川見していく。

入川出来ない場所では鮎が気の狂ったように喰んでおり竿さえ入れば間違いなくパラダイスだろう。

気が付けば午後3時を回っており、渓流域のとある瀬肩にに入る。
IMG_2765.jpg


ところが瀬肩に向う手前で川に入るやいなやドンッ!っと当たってきた。
IMG_2762.jpg


丁寧に左岸のヘチを探ってみると竿抜けだったようでどんどん掛かってくる。

気付けば周囲は薄暗くなり納竿となる。そのヘチで20匹以上は掛けたのだが結局取れたのは12匹とミス連発で勿体無い事をした。
IMG_2766.jpg


100匹には程遠く41匹で課題はのこったけど鮎の数は川の規模から言うととてつもなく濃く私でも本当にタイミングさえハマれば束釣りの可能性が大いにある河川。しかも自宅から釣り場まで1時間半ちょいときた。

神通、九頭龍、長良のような大河川で豪快な釣りも勿論アリだけど緑に包まれて繊細でそーっと入れ掛かりするのもなかなか病みつきになる。これまた危険な川と出会ってしまっまたなぁ。


釣果: 41匹 (10cm〜19cm)
水中糸: フロロ0.175、複合0.05
針: 6.5 3本錨

2015.7.5




コメントの投稿

非公開コメント

活士先生

コメントいただきありがとうございます!
お久しぶりです!
谷も奥深そうですし近場の割には
すごく良い川でしたよ!また一緒に釣りして呑みたいですね!
生憎の天候ですが個展の成功を祈ってます。

上手いね(^-^)

ハー君、お久しぶりです。
今、個展会場からです。
やっぱ、上手いね。
ええ川みたいやし、又詳しく教えて下さい。では👋
プロフィール

shuwa

Author:shuwa
釣り好き自然好きの皆様と
情報を共有できましたらなと。
&自身の釣行備忘録です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。